履歴書の書き方

薬剤師の転職活動に必要不可欠となる履歴書。
このように書けば必ず受かるという履歴書はありませんが、相手に悪い印象を与えてしまう履歴書というのは存在します。どんなにその会社に入社したいという熱意を持っていても、雑な書き方やミスが多い履歴書ではマイナスの印象を持たれるでしょう。あなたの人となりが伝わり、プラスの印象を持ってもらえるよう、基本的なマナーはしっかりクリアした履歴書を作成しましょう。
また、最近ではパソコンでWordなどに入力するデジタル履歴書も増えていますが、手書きの履歴書においては写真や筆記の様子からもあなたの人柄が伝わります。丁寧に、慎重に作成することがポイントです。

①日付

履歴書には日付を必ず記入します。
郵送の場合は投函日、持参する場合は当日の日付を記載します。

②写真

人事担当者の第一印象に大きな影響を与える部分です。
服装はビジネスフォーマルで、明るい表情の写真が望ましいです。原則、3カ月以内に撮影した証明写真が良いでしょう。サイズは2.4×3cmまたは3×4cmが一般的です。

③氏名

はっきりと丁寧に書きましょう。
氏名は姓と名前の間に少しスペースを入れておくと分かりやすいです。
「ふりがな」の場合はひらがなで、「フリガナ」の場合はカタカナで記入しましょう。

④現住所・連絡先・電話番号

履歴書などの正式な書類では、住所は都道府県名から記入し、建物名まで正確に記入しましょう。
ふりがなは漢字のみに付与します。
連絡先は、現住所と同じであれば「同上」と記入します。
電話番号は、固定電話がない場合、携帯電話の番号のみでも大丈夫です。

⑤学歴

1行目の中央に「学歴」と記入し、次の行から実際の学歴を記入します。
転職の場合は職歴も記入するため、義務教育まで書く必要はありません。義務教育の学校を書く場合は卒業年のみ。高等学校・大学などは、入学年次と卒業年次を記入し、学部や学科まで詳細を明記しましょう。
最後の行には、右端に「以上」と記入し締めくくります。また年次を書く際は、西暦表記か元号表記のどちらかで統一しましょう。

⑥職歴

学歴と同様、職歴の1行名には「職歴」と記入します。
転職回数が多くても入社した会社の入社年月・退社歴は全て記入しましょう。
職歴は中途採用で重要視される項目のひとつですので職務内容なども添えてもいいでしょう。退職理由は基本的に「都合により」で問題ありません。
職歴のあとに社内での表彰等を含めた賞罰を記入します。特になければ「賞罰なし」と記入しましょう。

⑦免許・資格

薬剤師免許の取得は必ず記入しましょう。実務に活かせる他の資格がある場合は必ず記載し、アピールしましょう。
勉強中の免許・資格がある場合は、取得予定時期を明記してもいいでしょう。資格名は正式名称で記入します。

⑧趣味

趣味や特技は、その人が興味を持っていることや意欲などの人柄が出るとも言え、採用担当者はあなたの「人となり」を判断する材料にしますので、空欄にせずに必ず記入しましょう。
読書・旅行・スポーツなどの一般的な趣味でもいいですが、より具体性を持たせると面接時に会話のきっかけになることもあるのでよいでしょう。仕事に関連する内容であればさらに好印象です。

⑨志望理由

面接で聞かれる可能性が高い志望理由。自分の言葉で伝えることが大事です。
1.なぜその会社を志望するのか、2.なぜその職務内容を志望するのか、3.自分は会社にどう貢献していけるのか、の3つのポイントを軸に考えると相手にもスムーズに伝わるでしょう。

⑩本人希望

勤務地、給与、勤務時間など、譲れない条件がある場合にははっきりと記入します。
希望することがない場合は、「特になし」よりは「貴社の規定に従います」と記入した方がいいでしょう。

非公開求人も多数ございます!どんな条件でもお話ください。カンタン1分!無料!転職サポートに申し込む