退職願の書き方

退職する職場に提出する「退職願」。
多くのルールがあり、正確に記述するとなるとなかなか難しいものです。
ここでは、書き方や記入方法のポイントなどを紹介します。退職する前に、基本の知識を学び正しい記述の退職願を提出しましょう。
また、最近は履歴書のようにパソコンで作成することも増えてきました。手書きでなくてはいけない、ということはありませんが、退職願は「重要な書類」という位置付けであるため、手書きの方がベターです。

用意するもの

○用紙:B5かA4の白い便せん
○封筒:郵便番号枠なしの白無地の封筒 ※サイズはB5用紙には長形4号、A4用紙には長形3号
○ペン:黒いボールペンか万年筆 ※油性・水性は問いません。

①冒頭

1行目の行の中央に「退職願」または「退職届」と書きます。
「退職願」は退職したいという意思を示したもの、「退職届」は完全な退職の届出であり、退職の撤回ができないものと考えられていますので注意して書きましょう。

②文の導入

本文一行目の一番下に「私儀(わたくしぎ)」もしくは「私事(わたくしごと)」と書きます。
「私事ではありますが」という意味です。控えめに表現するときに用います。

③退職理由

自己都合退職の場合、どのような理由でも「一身上の都合により」と書きます。その際、詳細の理由は必要ありません。3行になるよう、バランスよく記入します。
退職日は退職を希望する年月日を、退職届は事前に上司と相談して合意した年月日を書きます。年の表記は西暦・元号どちらでも大丈夫です。
退職願は打診なので「退職いたしたく~お願い申し上げます」とし、退職届は退職が承諾されているので「退職いたします」と書きましょう。

④届出年月日

本文から1行空けて記入します。実際に書類を提出する年月日を書くのが通常ですが、2週間から1ヶ月前の日付にするといいでしょう。

⑤所属と氏名

行の下方に書きます。所属は正式な部署名、名前はフルネームを書きます。名前の下に捺印しますが、シャチハタなどは使用せず認印で捺印しましょう。

⑥宛名

企業や調剤薬局など組織の最高執行責任者を宛先にします。法人名も省略せずに書きます。自分の名前より上方に書くようにしましょう。敬称は「殿」か「様」とします。

⑦封筒

表面の中央に「退職願」と大きめにバランスよく書きます。
裏面の左半分の部分に、企業や薬局名と所属部署や支店名を書き、改行して名前を記載します。封入口にはのりで閉じて「〆」と書きます。

⑧便せんの折り方

①⇒②の順に3分の1ずつ谷折に折りましょう。
封筒には便せんの右側が上にくるように入れます。

退職願のルールは職場によっても異なります。スムーズで円満な退職の手続きができるよう、人事や総務の方に尋ねてみることも一つです。
理由はどうあれ、退職は職場の雰囲気を変えてしまうデリケートなことですので、ベースは「退職することをお願いさせていただく」という控えめで謙虚な気持ちで行うことを心に留めておきましょう。

非公開求人も多数ございます!どんな条件でもお話ください。カンタン1分!無料!転職サポートに申し込む