円満退職の方法

薬剤師は在職中に転職活動を行っている人も多いですが、転職活動と同時に退職の準備についても考えておく必要があります。転職先の内定をもらっても現職をスムーズに退職できなければ、新しい職場で気持ちよく働き始めることはできません。「入社が決まったのに引き止めがあり、なかなか辞められない」などということにならないように、どうすれば円満に退職を進められるのかをご紹介します。

退職の申請時期について

円満退職を進めるためには、現在の会社のルールに沿って退職することが大切です。まず就業規則の退職に関する項目を確認して、退職予定日の何日前までに退職届を出すのかをチェックし、定められた日数以上のスケジュールで退職の意思表示をします。就業規則などに退職に関する定めが無い場合でも、退職までには少なくとも1か月以上の余裕を持って準備するのが望ましいです。

なお、繁忙期や職場体制が変わった時期など、他のスタッフへの負担が大きくなりやすい時期は避けるとスムーズに進むでしょう。職場への影響ができる限り少なくなるように配慮することが重要です。調剤薬局の場合は、そもそも職場の人数が少ないため、急な退職では薬局がまわらなくなることもあります。後任を決める期間も考慮した上で退職意思を伝えましょう。

効率的に転職活動を進めたい方におすすめ

退職時期が決まったら、いきなり人事担当に報告するのではなく、まずは直属の上司に退職意思を伝えましょう。同僚に先に話してしまうと、思わぬ形で話が伝わってしまい退職交渉がこじれる可能性もありますので、一番最初に上司に報告するのがマナーです。

薬剤師が転職の意思表示をした際、「不満なところがあれば改善するので考え直してほしい」「今は忙しいから後任が決まるまで待ってほしい」など引き止めがあることが多いです。会社にとって必要な人材だと思ってもらえるのは嬉しいことではありますが、あなたの転職意思が固い場合は、まだ迷っている様子などは見せずに、自分の意思をしっかりと伝えましょう。強引な説得で引き止めをしてくることもありますが、「次の入社日が決まっています」と押し通すとスムーズに進みます。

また退職理由ですが、給与や業務量などの不満を伝えると、改善するからと説得をされたら断りにくくなってしまうため、キャリアアップのために他の環境へ移りたいなど自分にやりたいことがある旨を伝えるといいでしょう。「給与を上げるから」と言われた場合も、その場しのぎに終わって何も変わらないことも多くあります。強引な引き止めをする会社は、あなたのためではなく会社のために引き止めをしているのです。信用できないと感じたらきっぱり退職意思を伝えることをおすすめします。

引継ぎはしっかり行う

引継ぎひとつで退職するあなたへの印象が変わることもありますので、会社や職場の同僚に迷惑がかからないように引継ぎを行うことは、円満退職には重要なことです。引継ぎを行うべきことをリスト化して引継ぎ資料を作成し、退職日までに後任者にきちんと引継ぎができるスケジュールを設定して進めましょう。引き継ぎは通常業務と並行して行うため大変です。リストには優先順位を付けて、重要ポイントが後回しになって中途半端な引継ぎになってしまわないよう注意します。その店舗の独自のルールや注意点、自分が受け持っている患者さんの特徴など、実際に働いてみなければわからないこともしっかり伝えます。

そして、退職日までの期間も「どうせ辞めるから」という気持ちでいい加減な仕事をするのではなく、在職中は仕事をきちんとこなしましょう。退職後に前職の人たちとつながりができる可能性はないとは言い難いため、辞める会社の批判や悪口などは言わないようにして、礼を尽くして円満退職を目指しましょう。会社や残る同僚のために、退職までの残された期間をしっかりやり遂げたという経験は自信につながります。新しいスタートを切るときに前向きな気持ちで始められるでしょう。

非公開求人も多数ございます!どんな条件でもお話ください。カンタン1分!無料!転職サポートに申し込む