採用されやすい薬剤師とは

人材不足で売り手市場と言われた薬剤師ですが、近年では診療報酬の改定等によって経営環境が悪化したり、将来の見通しが厳しくなってきた薬局や病院も増えてきたことから、以前よりも採用を慎重に行うようになってきている傾向にあります。特に人気求人や好条件求人は応募が殺到しやすいため、より狭き門になります。
それでは、ライバルが多い中でも採用されやすい薬剤師とはどういった人なのでしょうか。自分が採用する立場になったとき、どんな薬剤師を採用したいのかを考えると、答えは分かりやすいと思います。採用担当者が求めていることを理解し、自分をどうアピールしていくかを考えていきましょう。

採用担当者は長く働いてくれる人を求めています

薬剤師の転職理由は、給与アップや人間関係、生活スタイルの変化など、人によって様々ですが、退職したいと思ったことが転職の理由になるため、「仕事が忙しすぎて」「職場の人間関係にストレス」などネガティブな要素が含まれることがあります。ある程度ネガティブな理由があることは採用担当者も分かってはいるものですが、だからと言って正直にそのまま伝えるのはおすすめできません。たとえ職場環境に問題があったとしても、否定的な発言ばかりしている人は、採用担当者から良い印象は持たれないでしょう。

期間限定の募集などを除き、基本的に採用担当者側は「長く安定して働いてくれる人」を採用したいと考えています。ストレスを感じるとすぐ辞めてしまう人なのかもなどと思われてしまっては残念ですので、転職理由には、新しい職場で前向きに働く自分をイメージした言葉を付け加えることを意識してください。薬剤師としてのキャリアアップなど前向きな話をすることも、あなたの意欲が伝わるでしょう。

採用担当者は「この人と一緒に働きたいか」という視点も重視することが多いです。社風や職場の雰囲気に合う人なのかを見極めるためです。勤務条件の希望ばかり伝えると、自分の都合優先で入社後に同僚に負担をかけるのではと思われることもあります。自分の事情をしっかり説明した上で、希望の優先順位も伝えながら理解を求めるなど、条件交渉の仕方にも配慮が必要です。また、慣れない業務でも挑戦してみようという向上心を持って、学び続けようという姿勢を見せることも大切です。

コミュニケーション能力や協調性も大切

薬剤師は特に調剤薬局などで働く場合は、服薬指導などで患者さんと直接お話する機会も多くなり、コミュニケーション能力が求められます。気になることがあっても上手く言い出せない患者さんも多いため、患者さんが心を開きやすい対応ができるかどうかが重要です。患者さんへのあいさつや笑顔が自然にでき、相手の立場を考えながら向き合うことができるか。そういったことは、面接などでの立ち居振る舞いやマナー、話し方などささいなことからも人柄としてにじみ出てくるものです。

また、人間関係が原因で退職する薬剤師は多いため、採用担当者は職場の同僚との協調性を大切にできる人なのかどうかもよく見ています。今までに周囲と協力しながら結果を出せた経験などを話す際には、どのようにサポートし合ったのか、またその経験で何を得たのかなど、具体的に話をしてみるのもよいでしょう。

非公開求人も多数ございます!どんな条件でもお話ください。カンタン1分!無料!転職サポートに申し込む