就業先により異なる働き方

薬剤師の就業先は、業種に分けると「調剤薬局」「病院」「ドラッグストア」「企業」などがありますが、同じ業種でも職場によって働き方には大きな違いがあることを見落としてはいけません。例えば、一言で調剤薬局といっても、様々なタイプの薬局があり、仕事の内容も変わってきます。

「総合病院の門前薬局」での働き方

大学病院や規模が大きい総合病院などの近くにある調剤薬局です。総合病院には様々な患者さんが訪れるため処方内容も多岐にわたっており、たくさんの診療科の処方箋を扱えます。刺激が多く勉強できる環境のため、スキルアップを目指す薬剤師にはおすすめの職場と言えるでしょう。また最新設備を導入している薬局が多く、調剤時間の短縮化や業務の効率化が図られています。

ただ大量の処方箋をこなさないといけないため非常に忙しいのも特徴です。特に外来の多い午前中が忙しく、11時から13時過ぎ頃までがピークのため、お昼休憩も交代で取ることがほとんどです。また門前薬局では、できるだけ素早く調剤を行い、服薬指導も要点のみということも多く、患者さん一人ひとりに時間が取りにくい傾向があります。

臨機応変に手際よく対応できる人、職場のスタッフとのチームプレーができる人に向いていると言えるでしょう。比較的残業が少なめで土日休みの薬局も多く、仕事はバリバリ頑張ってプライベートではリフレッシュしながら、上手に気分転換をしている薬剤師も多くいます。

「マンツーマン薬局」での働き方

小規模の病院やクリニック・診療所の前で開業している薬局のことです。主に近くにある病院やクリニックから処方箋を受けるため、その医療機関の診療科目によって薬局の専門性が変わってくるのが特徴です。特定科目の経験を積みたい薬剤師にとっては専門性が高められる職場ですが、科目に偏りがあると物足りなさを感じる場合もあるため、自分がどういった科目を扱いたいかはよく考えましょう。

なお処方箋科目が限られていると仕事が覚えやすいため、調剤未経験からの転職やブランクからの復帰などには向いている薬局も多いです。
マンツーマン薬局は処方箋に関する問い合わせを直接医師に行ったり、医師と薬局で積極的に情報交換をしているところもあり、やりがいを感じられる点です。

クリニックなどは土曜日の午前中も診療しているところが多いため、土日休みの薬局はほとんどなく、最後の患者さんの診療が終わるまで受付を行うので終了時間も遅くなる傾向もあります。

「面対応薬局」での働き方

駅前や街中など立地条件のよい場所にあり、地域の医療機関から広く処方箋を受け入れる薬局のことです。特定の科目に集中することなく様々な診療科の処方箋を応需しているため、多くの品目を扱うことができ、偏りなく知識を習得することができます。

患者さんが複数の医療機関の処方箋をまとめて持ち込むこともあり、かかりつけ薬局として患者さんの健康や服薬状況をトータルで管理することもできます。患者さんに合わせた健康サポートを提供できる点はやりがいがあるでしょう。

多種多様な処方箋を受けるからこそ、慣れるまでは大変です。経験を積むには良い職場ですが、様々な調剤に対応できるように勉強を続ける必要があります。また在庫の種類が多くなりがちで、在庫は安定せず管理が大変です。ドラッグストアに併設されていることが中心で、夜遅くまで薬局を開けているところもあるため、帰宅時間は遅くなる傾向があります。

このように調剤薬局の仕事内容や働き方は、その立地などによって大きく異なります。転職先を考える際には、それらの違いを知った上でどのような薬局で勤務したいかを考える必要があります。

非公開求人も多数ございます!どんな条件でもお話ください。カンタン1分!無料!転職サポートに申し込む