【薬剤師の年収が低いと感じてしまうのはなぜ?】他業種・働き方別に比較して解説します

医療系専門職の一つである「薬剤師」は安定しているというイメージが強く、一般的には高収入と考えられています。一方で、実際に薬剤師の資格を持って働いている方の中には年収が低いと感じ、不満を抱えている方も少なくありません。同じ薬剤師であっても、勤務する地域や働き方によって年収に差が生じるということもありますね。

そこでこの記事では、薬剤師の年収は高いのか低いのかについて、統計データを参照しながら詳しく解説していきます。その他の医療系専門職との比較や働き方の比較についても、あわせてみていきましょう。

soudan_19_a_ogp.jpg

薬剤師の平均年収最新版

厚労省の統計である「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、令和元年度の薬剤師の平均年収は、562万円(給与479万円、賞与83万円)と公表されています。一方で、国税庁の統計である「令和元年分民間給与実態統計調査」によると、1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与は436万円(給与366万円、賞与70万円)と公表されていることから、薬剤師の平均年収は全体の平均年収よりも100万円以上多いことがわかります。

他の医療系専門職との比較

soudan_19_b.jpg病院やクリニックなどの医療提供施設では、薬剤師の他にもさまざまな医療系専門職が勤務しています。他の医療系専門職と比べた際に、薬剤師の年収は高いのでしょうか。ここでは、代表的な医療系専門職である医師、歯科医師、獣医師、診療放射線・診療エックス線技師、看護師、臨床検査技師、理学療法士・作業療法士および歯科衛生士を例に挙げて、「令和元年賃金構造基本統計調査」をもとに比較していきます。

医師

1,169万円

歯科医師

570万円

獣医師

572万円

薬剤師

562万円

診療放射線・診療エックス線技師

502万円

看護師

483万円

臨床検査技師

461万円

理学療法士・作業療法士

410万円

歯科衛生士

370万円






















「令和元年賃金構造基本統計調査」より算出)

医師の平均年収は1,169万円と、薬剤師の平均年収の562万円に対して、倍以上の差がみられます。現在では、薬学部は医学部と同じ6年制課程が取り入れられていることから、同じ6年制国家資格として比較されることが多いため、薬剤師の年収は低いととらえられる要因の一つとなっています。

一方で、その他の医療系専門職と比較した場合では、薬剤師の平均年収は比較的高い水準にあることが読み取れます。柔軟な働き方を選択しやすいことを考慮すれば、薬剤師の年収は決して低いものではないと考えられます。

地域別で比較した場合

ここでは、薬剤師の平均年収を都道府県別に比較していきます。上位3都道府県および下位3都道府県は、以下の通りです。

1位

静岡県

699万円(+137万円)

2位

長野県

690万円(+128万円)

3位

高知県

643万円(+81万円)

45位

新潟県

447万円(-115万円)

46位

徳島県

444万円(-118万円)

47位

長崎県

428万円(-134万円)

※()内は薬剤師の平均年収との差
「令和元年賃金構造基本統計調査」より算出)

1位の静岡県と47位の長崎県では、平均年収に271万円の差がみられます。勤務地によっても需要と供給のバランスはさまざまで、年収にかなりの差が出ていることがわかります。

また、都市部の順位および平均年収は、以下の通りです。

5位

愛知県

622万円(+60万円)

11位

神奈川県

583万円(+21万円)

19位

大阪府

559万円(-3万円)

20位

東京都

554万円(-8万円)

28位

福岡県

531万円(-31万円)

※()内は薬剤師の平均年収との差
(「令和元年賃金構造基本統計調査」より算出)

soudan_19_d.jpg上記のデータより、都市部でも地域によって平均年収に差がみられますが、愛知県を除き、ほとんどの地域で全体の平均年収である562万円前後となっていることがわかります。一般的な業種では、都市部の年収は比較的高額であることが知られていますが、薬剤師という業種においては、地方の年収が高い傾向にあります。転職で年収アップを考えている方は、勤務地を変更することも選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。



年齢、男女別でみた場合

次に、年齢別、男女別に平均年収を比較していきましょう。以下の通りです。

年齢

男性

女性

25~29歳

496万円

464万円

30~34歳

581万円

508万円

35~39歳

654万円

542万円

40~44歳

652万円

579万円

45~49歳

704万円

601万円

50~54歳

719万円

671万円

55~59歳

730万円

619万円

60~64歳

607万円

524万円

601万円

536万円
























「令和元年賃金構造基本統計調査」より算出)

男性・女性のいずれにおいても、年齢が上がっていくにつれて年収は上昇し、50代でピークをむかえます。しかし、薬剤師をはじめとする医療系専門職は若いうちから年収が比較的高額に設定されていることが多く、上昇幅は決して大きいとはいえません。キャリアアップや資格の取得のタイミングでしか昇給が見込めない職場も多く、年収が低いととらえられる要因の一つになりがちです。
また、男女別の平均年収は、男性601万円、女性536万円であり、その差は65万円であることがわかります。「令和元年分民間給与実態統計調査」によると、1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与は男性540万円、女性296万円と公表されており、その差は244万円であることから、薬剤師における男女の差は小さいことがわかります。

soudan_19_c.jpg


まとめ

この記事では、最新の薬剤師や他の医療系専門職の平均年収について詳しくみていきました。
薬剤師の年収は、他の医療系専門職と比較しても決して低いわけではありません。しかし、経験年数を重ねても大幅な昇給が見込めない職種でもあるため、年収は低いと感じてしまいがちです。
現状よりも年収を上げるためには、次のような方法が必要となります。

  1. スキルアップで年収を上げる
  2. 転職で年収を上げる
  3. 副業で年収を上げる

薬剤師は、資格を生かして努力することで、大幅な年収アップも目指すことができる職業です。自身の状況にあった年収アップ方法を選択することで、理想の薬剤師に近づけるように行動してみてはいかがでしょうか。


※本稿内の平均年収は、「賃金構造基本統計調査」の「きまって支給する現金給与額」×12か月+「年間賞与 その他特別給与額」で算出しています。